ptsdの可能性があるならば精神科へGO【辛いトラウマ克服し隊】

ptsdの治療方法を知る

ptsd治療方法の一つである重い症状を緩和

医者

心の傷というのは、癒えにくいものであり、人によっては将来付きまとうことになる症状なので困り者です。程度の弱いトラウマであれば、日常生活で気をつけることができるようにと反面教師のようになってくれますが、強いトラウマは恐怖などを伴っているので、体がこわばってしまう可能性などが出てきます。ptsdの治療には、二本柱で治療していくのが最も基本的な治療方法とされており、心の傷を回復させてあげることと苦しい症状を軽減が大切な事となっています。この二つの事柄を忠実に守ることで、患者さんの悪い気持ち徐々にほぐしていくことが出来るのです。辛い症状には、眠れない、不安が強い、気持ちが重いなどがありますが、薬を使うことによって軽減させることが出来ます。薬も患者のパターンに合わせて調合されるので、体に対して無理のない治療を施すことが出来るでしょう。薬によって体を休ませることが出来るというのは、ptsdの患者にとっても良い状況なのです。精神科で専門の薬を処方できるので悩んだ時は行ってみましょう。

ptsdに有効的な心の治療方法

ptsdにとって一番有効的な手段なのは心の傷をケアしてあげることです。トラウマによって様々な症状が出ていますので、ptsdの根本の原因となっている部分に対してアプローチをかけていくのです。持続エクスポージャー療法というものがあります。この方法は、患者にとってトラウマになっている場面をあえてイメージさせることによって、今まで隠していた記憶や思い出せなった記憶など、これまで避けていた記憶に身をおくようにする治療方法です。荒治療のように感じますが、この記憶を思い出しても大丈夫、怖くないということを体に馴染ませていくのです。実際に記憶を蘇らせることで肌身を通じて感じることが出来ます。その結果として、今までトラウマだった記憶が徐々に和らいでいき、思い出してしまっても大丈夫な常態になるのです。専門の治療医の元で立会いが行なわれるので、今の状態でも大丈夫という患者に行なうことが出来る治療方法となっています。専門医なので任せることが出来ますが、十分な知識がない人が行なうと患者にダメージを与えるだけで、余計に深刻になる可能性もあるので気をつけましょう。他にも治療方法がありますので、患者にあった方法でトラウマを克服できるようにしています。精神科で診療することでわかりますので、ptsdの症状がみられたら精神科に足を運ぶと良いでしょう。