ptsdの可能性があるならば精神科へGO【辛いトラウマ克服し隊】

ptsdの原因と症状

ptsdになる原因として多い理由

カウンセリング

ptsdは精神的ダメージを追った時に発症しやすいものです。なりやすい症状として多いのが、震災などによって引き起こされた非日常的な世界での出来事です。日常生活では起こりえない現象が震災によって引き起こされ、普段体験することのない事件に巻き込まれます。死に近い経験をすることも多く、恐怖というもので支配されやすくなるでしょう。非日常な事は想定していないことも多く、突発的に被害が出ることが多いです。対策をしていても対策が間に合わないこともあり、精神的にゆとりをもって対処することが出来ないこともあります。これは犯罪被害にも当てはまることで、突然発生した犯罪に巻き込まれて、恐怖を感じるというのもよくある原因となっています。特に人が死んでしまうようなケースというのはかなりの恐怖を感じてしまうので、ptsdになる可能性も高くなるのです。恐怖以外にも、苦痛や怒り、悲しみなどの感情も入り混じっているので、精神が安定しない状態となるのです。周りからみると何事もない状態でも、突然感情が不安定になることや取り乱すこともあるので、精神科で治療を受けることで安定した状態を保つことができるとされています。

ptsdになった際に引き起こされる症状

精神的ショックによって引き起こされるptsdですが、症状が出てしまうことで体に悪影響を与えることが多いです。ptsdになっている人は、そのトラウマになった現象を思い出していなくても、常に緊張している状態が続き、いらいらした状態になりやすいです。その結果小さなことで理性を保てなくなり、感情的になってしまうこともあります。逆に警戒心が異常に強くなることもあり、周囲との距離を保つようになります。緊張常態が続いているので、眠りが浅い常態で寝不足を助長する効果もあるのです。強いトラウマによって、食欲がなくなるなどは人によっては日常生活でも感じることがありますが、ptsdの場合ですと、何ヶ月も続くことがあり、体に対してずっと悪影響を与えっぱなしとなることもあるでしょう。長い人だと数年かかるひともおり、克服するまでの期間もまちまちな症状となっています。このような状態が続くとうつ病などの精神的病気などを発症することもあり、別の病気も併発する可能性が高まります。症状に心当たりがあるのならば、精神科などで診療しましょう。心身共に健康になるために精神科が全面サポートしてくれます。