ptsdの可能性があるならば精神科へGO【辛いトラウマ克服し隊】

複数の治療方法と対策方法

ptsdの治療方法は主に3つ

悩んでいる人

ptsdの治療方法には複数の種類があります。精神化によって行なっている治療方法にも違いがあると思いますが、ptsd治療に用いられるのは主に3つの方法となっています。持続エクスポージャー療法は安全な環境でトラウマを思い出させて、安全であることを体に馴染ませていく方法です。最も効果的だと言われている治療方法で、トラウマを思い出した時の不安などもptsd治療に有効的なスパイスとして活用します。認知処理療法は、トラウマに対しての考えかたを矯正していく方法です。トラウマとなっている原因について考えることやトラウマが原因で考え方が固まってしまうことがあります。結果としてトラウマから避けるようになるので、別の視点からみた考え方など考えることでトラウマを和らげる方法となっています。眼球運動脱感作療法は、眼球と回想を組み合わせることによってトラウマを軽減する方法です。眼球をリズミカルに動かすことによって、脳の処理プログラムを活性化させます。性的暴行や犯罪などのトラウマなどに効果的な方法として有名な治療です。精神科の診断結果で受ける治療方法も変わりますが、自分に向いていそうな治療方法があれば進言してみるのもいいでしょう。

日頃からの意識を変えることで対策することが出来る

ptsdの克服方法として、日頃から意識することも大切になってきます。意識を持つことによって気持ちのスイッチが切り替わり、ptsdに発症する可能性が少しでも下がる可能性があります。ptsd対策を施すことで、重たい気持ちになりにくくなる効果もあるので、トラウマによる何かしらの被害があるのならば実践してみると良いでしょう。一番大事な事として、自分を責めないようにしましょう。被害に遭ったことがあると、自分を責めてしまうことが多いです。自分を責めることで気持ちがナーバスな常態となり、トラウマが克服しづらくなるので、自分のことを責めないようにすることが大切です。それが難しいようならば、気持ちが落ち着くまでは自分への罪を軽くするように心がけることも良いでしょう。ptsdに発症すると生活習慣が乱れることが多くなります。出来るだけ正しい生活習慣を身につけることによって、ptsdの原因となるトラウマの事を考えにくくなります。睡眠にバランスを整えること、食生活の改善、適度な運動などは生活習慣の改善につながる事柄なので、ここから直していくと良いでしょう。孤立しないようにすることも大切です。人間関係を閉ざしてしまうこともありますが、症状が悪化する可能性が高いので、一人でいる時間よりも誰かといる時間を増やしましょう。